無意根山(元山コース)/道央2016/12/26 22:34

【山行期間】 2016年12月25日(日)
【メンバー】 L) なお、靖さん、直さん
【山行記録】

 2016年の山納め。道路情報館に集合し、直さんの車で豊羽鉱山に向かう。直さんは元山コースが初めてとのことで、除雪未了の道路を進むことに一抹の不安を感じているようだった。
 豊羽鉱山に着く頃、除雪車が動き出したようだ。ここまでの道路は、豊羽鉱山側から除雪を開始するようだ。帰るころにはきれいに除雪されているであろう。
 昨年は無意根山荘があったところまで車で上がれたが、今年は除雪されていなかったので、坂の下に駐車。
 いつもの出発点からは、前日のものと思われるトレースを利用させてもらう。トレースは、スキー場跡地ではなく、林道を進んでいた。千尺に直接上がるルートなのかなと思いきや、途中で元山コースにつながった。
 天気予報はそれほど悪くはなかったが、千尺からは無意根山も羊蹄山も見えなかった。元山コースは初めてで、無意根山のピークを踏んだことのない直さんには申し訳なかったが、今一つの天気だったので、千尺で行動を終えることとした。条件の良い時にピークまで行きましょう。 アサヒのスーパードライを供えて、下山。
 下りのスキーは、フカフカの良い雪ではあったが、地山が分かる雪の量でブッシュもうるさく、残念ながらパウダーを楽しむことはできなかった。やっぱ、条件の良い時に滑ろう。


2016年山行回数及び日数 34回/41日

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
旭岳と幌尻岳の標高はどちらが高いでしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamacoco.asablo.jp/blog/2016/12/26/8550100/tb