小樽赤岩アイゼン訓練/道央2016/12/05 06:05

【山行期間】 2016年12月4日(日)
【メンバー】 L) なお、JIN、ミヤ
【山行記録】

 氷雪教程のテントで後輩たちの熱い思いを聞き、小樽赤岩アイゼン訓練を組むことにしたものの、山行案内していたカミホロ北西稜ほかを取り止めにしたことをMLに流していなかった。月曜日の朝にヤスからカミホロに参加したい旨の連絡があり、自分の不手際に気が付いた。氷雪教程のテント内の後輩たちの熱い思いを伝え、山行を変更したことを詫びた。そして、ヤスの熱い思いも聞いた。頼もしい後輩たちが頑張ろうとしている。うれしい限りだ。おじさんも頑張らなくては。合言葉は、切磋琢磨!
 雪がさらっとかぶった赤岩だったが、暖かな赤岩だった。今回は中赤岩入門ルート。中チムニーチムニールート(Ⅲ)、中リスノーマルルート(Ⅲ+)、ダブルバンド直上バンド(Ⅲ)を登った。中リスの取り付きがやけに難しく感じた。1.5m登ったら行き詰ってしまった。上部のクラックにバイルを決めて気合を入れようかと思った時、「こっちから登るんじゃないの?」との指摘で取り付きを間違ったことに気が付いた。
 5m直上してから左に回り込む所がしびれた記憶に残っていたが、アイゼン訓練3回目になると、しびれ感はなかった。訓練の成果だろう。きっと。
 西壁にmarboのオレンジのヤッケが見える。ヤス、marbo、直パーティだ。彼らは、西壁正面を登るとのことだったが、カンテルートから取りついたとのこと。頑張っている。

 メンバーにどこかリードしてみないかと聞くと、ミヤから手が上がった。彼女の希望は、四段テラス。最後の2mを登るときの安全・安心を考えて、ランナーを取るためのスリングを足らしたが、使わすに登ってきた。頑張りました。次はジンの番。

2016年山行回数及び日数 31回/38日

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
旭岳と幌尻岳の標高はどちらが高いでしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamacoco.asablo.jp/blog/2016/12/05/8545611/tb