小樽赤岩アイゼン訓練/道央2016/12/05 06:05

【山行期間】 2016年12月4日(日)
【メンバー】 L) なお、JIN、ミヤ
【山行記録】

 氷雪教程のテントで後輩たちの熱い思いを聞き、小樽赤岩アイゼン訓練を組むことにしたものの、山行案内していたカミホロ北西稜ほかを取り止めにしたことをMLに流していなかった。月曜日の朝にヤスからカミホロに参加したい旨の連絡があり、自分の不手際に気が付いた。氷雪教程のテント内の後輩たちの熱い思いを伝え、山行を変更したことを詫びた。そして、ヤスの熱い思いも聞いた。頼もしい後輩たちが頑張ろうとしている。うれしい限りだ。おじさんも頑張らなくては。合言葉は、切磋琢磨!
 雪がさらっとかぶった赤岩だったが、暖かな赤岩だった。今回は中赤岩入門ルート。中チムニーチムニールート(Ⅲ)、中リスノーマルルート(Ⅲ+)、ダブルバンド直上バンド(Ⅲ)を登った。中リスの取り付きがやけに難しく感じた。1.5m登ったら行き詰ってしまった。上部のクラックにバイルを決めて気合を入れようかと思った時、「こっちから登るんじゃないの?」との指摘で取り付きを間違ったことに気が付いた。
 5m直上してから左に回り込む所がしびれた記憶に残っていたが、アイゼン訓練3回目になると、しびれ感はなかった。訓練の成果だろう。きっと。
 西壁にmarboのオレンジのヤッケが見える。ヤス、marbo、直パーティだ。彼らは、西壁正面を登るとのことだったが、カンテルートから取りついたとのこと。頑張っている。

 メンバーにどこかリードしてみないかと聞くと、ミヤから手が上がった。彼女の希望は、四段テラス。最後の2mを登るときの安全・安心を考えて、ランナーを取るためのスリングを足らしたが、使わすに登ってきた。頑張りました。次はジンの番。

2016年山行回数及び日数 31回/38日

ツアー教程(蓬莱山)/道央2016/12/12 06:24

【山行期間】 2016年12月11日(日)
【メンバー】 L) 央さん、なお外14名
【山行記録】

 ツアースキーパーティ二班、スノシューパーティ一班に分かれて、メニューどおり教程を実施。
 前週、下見に行ったリーダーが中山スキー場の従業員からスキー場内の登行と滑走はお断りとの忠告を受けたとのことで、林道の登下降になった。過去に札幌国際スキー場でも同様の忠告を受けてことがある。スキー場の維持管理に多額の費用が掛かっている、タダで遊ばれたら、商売上がったり、こっちは生活が掛っていると言われ、何も反論できなかったことを覚えている。
 当日は、これに加えて中山峠駐車場の使用についても忠告があった。この日は、他会の教程も重なり、数十台の車が集結。
 教程終了後、一人で事務所に向かったリーダーには頭が下がります。前の週の下見を含め、所要の対応ありがとうございます。そして、お疲れ様でした。

2016年山行回数及び日数 32回/39日

カミホロ北西稜/十勝連峰2016/12/19 06:33

【山行期間】 2016年12月19日(日)
【メンバー】 L) なお、JIN、ミヤ  L) marbo、ヤス、直
【山行記録】 6:30(稜雲閣集合)7:12→7:55(旧噴火口ウンコ岩)8:23→8:40(八つ手取りつき尾根)→9:13(北西稜取りつき)→9:45(標高1680m付近)9:52(下山開始)→10:44(旧噴火口ウンコ岩)11:11→11:53(稜雲閣)

 今山行のオレは、イケてなかった。地に足が付いていないというか落ち着きがないというか浮ついた行動で冷静さを欠いていた。計画段階から何かに付けてメンバーを叱咤していたことが恥ずかしい。
 続きはヤマレコ をご覧ください。
2016年山行回数及び日数 33回/40日

無意根山(元山コース)/道央2016/12/26 22:34

【山行期間】 2016年12月25日(日)
【メンバー】 L) なお、靖さん、直さん
【山行記録】

 2016年の山納め。道路情報館に集合し、直さんの車で豊羽鉱山に向かう。直さんは元山コースが初めてとのことで、除雪未了の道路を進むことに一抹の不安を感じているようだった。
 豊羽鉱山に着く頃、除雪車が動き出したようだ。ここまでの道路は、豊羽鉱山側から除雪を開始するようだ。帰るころにはきれいに除雪されているであろう。
 昨年は無意根山荘があったところまで車で上がれたが、今年は除雪されていなかったので、坂の下に駐車。
 いつもの出発点からは、前日のものと思われるトレースを利用させてもらう。トレースは、スキー場跡地ではなく、林道を進んでいた。千尺に直接上がるルートなのかなと思いきや、途中で元山コースにつながった。
 天気予報はそれほど悪くはなかったが、千尺からは無意根山も羊蹄山も見えなかった。元山コースは初めてで、無意根山のピークを踏んだことのない直さんには申し訳なかったが、今一つの天気だったので、千尺で行動を終えることとした。条件の良い時にピークまで行きましょう。 アサヒのスーパードライを供えて、下山。
 下りのスキーは、フカフカの良い雪ではあったが、地山が分かる雪の量でブッシュもうるさく、残念ながらパウダーを楽しむことはできなかった。やっぱ、条件の良い時に滑ろう。


2016年山行回数及び日数 34回/41日