160612小樽赤岩2016/06/13 22:49


東の大壁Bクラック遠景
 Bクラックと北大ルート(Eクラック)を久しぶりに登った。後輩への連鎖(伝承)と称してはいるが、自分の登り込み訓練一杯一杯の自分を知る。喉がカラカラになった1日だった。

2011年の写真(前半はEクラック、後半はBクラック)↓

富岸川(カムイヌプリ)/道央2016/06/11 20:18

【山行期間】 2016年5月15日(日)
【メンバー】 L)くったら M)なお
【山行記録】 ヤマレコをご覧ください。

 

2016年山行回数及び日数 15回/17日

セルフレスキュー訓練(夕日岳登山口付近)/道央2016/06/07 22:59

【山行期間】 2016年5月8日(日)
【メンバー】 L)marbo M)ミヨさん、靖さん、M6、JIN、powder、直さん、なお

 毎年恒例のセルフレスキュー訓練。非常装備として必携個人装備とされている、6mm×10mの細引き、カラビナ、スリング長短、ツェルトをどう使って、事故等が発生した際に自分たちの力で下山するか又は救助を待つかの訓練。
 毎年恒例なのに、細部は忘却の彼方になりがち。特にロープワーク(結び方)。ロープワークは、色んな場面で活用できるのにもったいない。

 訓練終了後は夕日岳登山。オレはテントを修理に出さなければならず、秀岳荘に走る。後輩が初めて買ったテントに穴を開けてしまった。ごめんなさい。メーカーに修理に出して、きれいに上がってきた感があったが、でき上がりを見てどう感じたかな・・・。

2016年山行回数及び日数 14回/16日

160605岩登り訓練(小樽赤岩)2016/06/06 23:59

160605小樽赤岩 東の大壁ラッペル
東の大壁を懸垂下降中
 天気は良かったけど、寒い日。長袖の下着含めて3枚着たけど、風が冷たく雨具も着た。東の大壁は太陽の光が当たらず、風が冷たかった。若いころに比べると、落ち着いてホールド・スタンスを確認できている感があるが、関節の動きにしなやかさと柔らかさがないような・・・。
 某ルートの核心でA0してしまった。自分で思っていた以上に緊張して両腕の筋肉の無駄に使っていたようだ。肝心なところで筋肉が笑い出す感があり、A0してしまった。情けないというか、今の実力なんだろう。相方は見て見ぬふりしてくれたのか、このことの触れることはなかった。 来週、再トライかな。


日勝峠~芽室岳~久山岳/日高山脈2016/06/04 21:16

【山行期間】 2016年5月3日(火)~5日(木)
【メンバー】 なお(単独)+ L)JIN M)mikan、直、powder

 日勝峠から剣山までの縦走を計画したが、久山岳から見る剣山までの稜線は雪が少なく、特に久山岳直下コルまでのトド?エゾ?マツの海は縦走意欲を萎えさせるに十分な濃さだった。久山岳直下に幕営し、十勝平野に広がる街の明りを肴に一杯やって、下山となった。芽室岳までは山の会の仲間4人と一緒の行動で、芽室岳からは単独行動。入山前の天気予報を見ながら、密かに暗うつな気分になりながら、無理のない安全下山をいくつかシュミレーションしてみたが、案ずるより産むが易しということで、想像していたような雨風には当たらず、ほぼ計画どおりの山行ができて、ちょっとした充実感に浸ることができた。よかった。よかった。
【山行記録】 ヤマレコをご覧ください。

160503~05_北日高縦走

2016年山行回数及び日数 13回/15日